社会福祉法人 すぎのこ福祉会 Web Site

すぎのこ保育園

 

「きめ細やかさ」 「ダイナミックさ」 「自然をホームグラウンドに」 「子どもの個性を大きく育む」 をキーワードに個性的な保育を実践する「通常保育園事業」

 

 

 


 平成25年4月より一時保育事業を開始しました。
  詳細につきましては保育園までお問い合わせ下さい。

 平成25年2月に新園舎が完成しました。 

 

〒215-0027 神奈川県川崎市麻生区岡上71−3 すぎのこ保育園

TEL 044−988−3415 FAX 044−987−8703


★★ 水と緑と土そして太陽それは子育てのホームグラウンド (大自然のふところで) ★★
すぎのこ保育園では、「子どもの権利条約」(1989.11国連で採択)を子育て、保育に結びつけて実践していくことを目標にしています。
子どもたちに最善の利益を保障し(子どもにいちばんの幸せを)主体的(その子らしく)に生きる力につながる保育をめざします。

 

多摩丘陵の自然と子どもたち  --園だより 98.6.25 No.6 --   

 百万年の時が刻んだ多摩丘陵の地形一谷戸山の地形一と個性豊かな自然は「素晴らしい!」 の一言に尽きます。   豊かな緑、何といっても「サワガニ」を育む水辺、そして鴬の鳴き声、これだけでも能ヶ谷の森が、この水を中心にして第1級の自然環境をつくりあげていることがわかります。
 そして子どもたちや先生たちのあの弾んだ声とキラキラ光る瞳の輝きは、ホトトギスの声よりも素晴らしいプレゼントのように思えました。

★まだまだ緑が一杯の能ヶ谷の野山の四季折々の時期に散策できることはとっても大切なことだと思います。祐介も家でゲームやってるときよりはオオバコで「鼻の油をつけると強いんだよ」と引っぱる競争をやってるときの方がよっぽど本来の祐介らしいと思って見ていました。(Aさん・たんぽぽ)

★(前略)野草を見ながら自分の母親から「子どもに草の名前ぐらい教えられる親になりなさい」と教えられたことを思い出しました。自然に親しみ実体験に基づいて考えたり行動したりすることが子どもたちの大きな力になると強く思いました。 (Hさん・れんげ)

 

 

 

 


 

HOME | 法人| すぎのこ保育園 | こどものいえもも保育園 | 笹山保育園 | 六ツ川西保育園 | 古淵保育園 | 入園案内 | 職員募集 | e-mail
          (C) 2017 社会福祉法人すぎのこ福祉会